FC2ブログ
こんにちは!このページを見ていただき、ありがとうございます。
このブログは(株)ウエカドの営業の笹本がマイホームを建てていく中で、実際に起こった事や困った事、そしてこれからマイホームを考えていらっしゃる方の参考になったらいいなと思う事を簡単に、わかり易く伝えていけたら…との思いで発足しました。
そこへ建築アドバイザーの吉川さんがお引越しして来ました♪仕事はもちろんブログでも頼もしい助っ人です。
『リレーブログ』というタイトルですが…僕がスキップしがちです。。。そんな僕たちを(更新の遅い僕を…)温かく見守ってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お庭の工事が完成しました☆

こんばんは吉川です

今日は外構工事が完成しました

元々のお庭がこちら↓

DSCF5900.jpg

すぐ雑草が生えて、とても困っていらっしゃいました。
あとで造園屋さんに聞くと…
この土地は元々田んぼか畑で土がやわらかいから、
雑草も生えやすい環境だったみたいです。。。

今回、お客様からのご要望は、
とにかく雑草が生えないように。
なるべくお庭のお手入れをしなくていいようにしたい。
あと、親戚が集まってバーベキューができるようなスペースにしたい。
ということでした。

何度もプランを考えてお話をしながら進め…

出来上がったお庭がこちらです

DSCF6466.jpg

バーベキューをするスペースは乱石を張って、
レンガで花壇をつくり
その他の部分は雑草が生えないように防草シートを敷いた上にサビ砂利を敷きました。

DSCF6470.jpg


当初は砂利だけにしようかな…とか、
石を張るのはやめて、カラークリートにしようかな…とか、
いろいろと悩みましたが、石を張って大正解でした

DSCF6468.jpg

全体的に明るくしすぎず、落ち着いた雰囲気にしたくて、
濃い目のレンガと石を選びました

明るい時の雰囲気はこちら↓

DSCF6465_201310211812331ab.jpg

同じ広さなのに、
雑草が生えていたときと比べると、なんだか広く感じるようになりました。

「庭づくりは目の錯覚をつくる」と
造園屋さんに教えてもらいました

高低さをつけて、狭いところは広く見せるための錯覚をつくる。
植栽を利用したり、花壇や電灯を利用したりして。

お庭づくり…とても奥が深いです。


あと、職人さんからのご提案でこんなことをしてくれました!!

DSCF5917.jpg

モクレンの木の奥にあった、ペットのお墓。
(写真はちょっとわかりにくいですね…。ちゃんと奥にあるんですよ。)

DSCF6471.jpg

プレートをつくってご飯もお供えしてあったので、
今回、ピンコロ石で台をつくってくれました

ここでもプチアドバイス
お墓は、亡くなったワンちゃんやネコちゃんが出入りするので、
コンクリートやモルタルで固めてしまうのはあんまりよくない…。
ということで、ピンコロ石の中は土にしてプレートも固定せずに乗せるだけにしています。



約2週間ぐらいの工事をさせていただき、ありがとうございました

ここに親戚の方々が集まって、
わいわいバーベキューを楽しんでいただけたらうれしいです


**********************************************
 ウエカドのリフォームホームページができました☆
 * ウエカドの安心リフォーム *


 イベント情報はこちらからも
    ↓↓↓
 * ウエカド Facebookページ *
**********************************************


スポンサーサイト

 | HOME |  »

僕のこと

笹本大輔

笹本大輔

元美容師で、自称ウエカドの「ビジュアル担当」の笹本です。
(↑疑わしいと思われる方は「SweetHomeウエカド」のスタッフ紹介をご覧ください♪)
悩みは、爽やか系を目指しているのにヒゲの伸びが早いことです…。


新築のご相談はこちら
ウエカドHP*広島ゆう良住宅*


リフォームのご相談はこちら
ウエカドHP*あんしんリフォーム*

Calendar

« | 2013-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。